2012年3月23日金曜日

MNP施策やそれに対する昨今の報道に思うこと

お久しぶりです。
ずいぶん長いことブログを書いていませんが、ちゃんとネタはあって下書きも進めています。
そんな中で、今日
朝起きて自転車乗って
15分ちょっとの坂道登って
学校行って
修了式まで暇だったけど我慢して
帰ってきてうどん屋行って
釜揚げうどんに感動して
歯医者で手術受けて
帰ってきましてぇ

歯が痛い

そうしていつものようにTLを見ておりましたところ、こんな記事が。



MNP悪用多発 積み増した販売店報奨金が助長、総務省はお手上げ

昨今MNPによって得られるCBなどから端末代金諸々を相殺し、経済的に携帯電話回線を運用したり、最新の端末を安く手に入れるという動きが広がっているのは周知の事実かと思います。

三重県ではそんなこと無いですが、都会の方では販売店やキャリア側が提示するCashback、料金プランなどMNPを介するだけで異常なまでに優遇されるものが多いそうです。

Twitter上でも、そのことをネタに販売店が笑うレベルではあります。

そんな中で、そういやこんなツイート見たことあったな…と思いだしました。


日本通信Foude及びCEO、三田氏の発言です。

前述のとおり確かに異常とも言えるインセンティブがまかり通る昨今、多くのCBや安い端末などを求めてプリモバやらを弾丸に販売店に向けて射出し、金を儲ける人が多いのは事実です。 

しかし、このツイートではこの行為を「詐欺」、前述のリンクではこの行為を「MNP悪用」とまくし立てております。

現在のところこういったことを規制する法律もなく、キャリア側が率先して顧客を囲いこもうと必死こいてやってて、それに便乗した行為である以上何の業務妨害にもあたらないと考えるのが普通となってきます。

顧客を失いたくない以上、施策を講じるのはごく自然なことです。それを賢く活用するユーザー対して「詐欺」だの「悪用」なんだの言うことについてはどうかとは思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿