2012年7月18日水曜日

有名なメディアプレイヤーのAndroid版、「VLC Beta(NEON version)」を試す

 どうも、先日生まれて初めてポップンして見事に撃沈して仕方ないから金貯めて卒業したらJOMANDA解禁までjubeat頑張るかと意気込んでいる管理人です。
てか絶対むりだろあの曲。十字架押しは譜面動画だけで泣けたぞ。

ちなみにjubeat plusで好きな曲は天国と地獄とSweet Rainだったりします。千本桜は半分ネタだろ
あとjubeatはアーケードやったこと無いんだよね。近所のゲーセンは年齢制限で実は一人では出禁だったりするので18になった友人としか行けねえし

久々に書くネタもまたしてもアプリレビューです。今回試したのはかの有名な「VLC」のAndroid版。
基本的には音楽はこういったサードパティのプレーヤーでは聞かず[お察しください]、動画も標準の物をアンインストールしてまでMXを使って再生しています。
ですが、今まですべてのプラットフォームで重点を置いて利用してきたVLCのAndroid版と聞いては黙っていられません。早速使ってみて、その使い勝手をレビューしてみたいと思います。





このVLCはベータ版で、動作がまだまだ不安定とのこと。そんなことは百の承知です。

問題はこのプレーヤーが実用的でかつベータが取れて安定化した時、使い物になるのかどうか、まずは音楽再生の面から見ていきたいと思います。
(画像は全てクリックで拡大)






音楽タブの画面の様子はこちら。

アーティストやアルバム、曲名などが名前順ソートされて、とてもシンプルです。

なおアーティスト、アルバム、曲、ジャンルはスワイプで遷移が可能です。

全体的なデザインもVLCのイメージカラーのオレンジを基調にICSライクなシンプルなUIとなっています。

まあどんな人でも使い方に迷うことは無いでしょう。


音楽再生の際の画面はこんな感じ。

再生ボタンや逆戻し、先送りなどの基本のボタンに加えて停止ボタンもあります。

停止ボタンで音楽再生を完全に停止させ、選曲画面に戻ります。個人的にはちょっと嬉しい機能かな。




また、ラストの曲や先頭の曲などになった時には不要なボタンが出てこなくなります。
1曲しか無い時は両端2つのボタンが表示されなくなる、とてもスッキリしたUIとなります。





音楽再生中にメニューに戻るとこんな感じ。1つID3死んでるのある










次に動画再生…

と行きたいところですが、このVLC、ベータ版というだけあって前述の通り不安定なところが多々あり、動画再生に関しては少々難があると感じられました。

1080pの動画を再生したところ、モザイク画ってレベルじゃねーぞ!ってくらいにコマ落ちがひどく、H/Wアクセラレーションをオンにしてなんとか再生ができたものの音ズレがひどい上にフルスクリーンでもNavBarが消えないなどといった不満が少々残りました。

ここは現在愛用しているMX動画プレーヤーに軍配が上がりますね。
 
まあベータである以上、あとは今後に期待したいところ。
大丈夫、きっとVLCチームならやってのけてくれるでしょう。







検証端末

NTT docomo 
Samsung Galaxy Nexus SC-04D yakjusc
with Cyanogenmod 9 RC1 (4.0.4 ICS)


0 件のコメント:

コメントを投稿