2013年9月9日月曜日

[追記あり]TwitterのフォロワーさんからMotorola XOOMを頂いた。ので、やはりCM10.1(Android4.2.2)を導入してみた話。



この記事は15分くらいで読めます。

或いは我が1周間の闘争。

Twitterのフォロワーのほよ(@hoyo182)さんからしつこくNexus10くれとせびったら「画面にヒビが入っててSDカードのコネクタカバーがないしどうせ売れない」ということで、送料着払いにてMotorola XOOM Wi-Fi(au版wingray)を譲って頂きました。

 修羅の国からキンカク・テンプルまでよくぞ来てくれました、初のAndroidタブレットです。しかしどうしても古いためハードウェアにあまり期待はしていませんでした。

 その実態たるや能力的にはGalaxy Nexusにすら劣るほどの動画再生能力から圧倒的な/system領域の不足といったガンジーも助走をつけて殴るレベルの想定外の何たらが噴出。原因究明に多方面な方々のお力添えを頂きました。







 まず何も考えずに最初にほよさんが突っ込んでいたままのUS版StockROM(JB)を消してCyanogenMod 10.1 Nightlyを焼いてみようと思ったのですが、何度やってもgappsやフォントが導入できず、他のROMの導入も出来なかったため原因究明まではauのStockROM(ICS)に戻して使っていました。

 ですが、2chのAndroid板のXOOMスレの人達などからお話を伺い、何とか最新のCM10.1とgapps、そしてフォントを導入できたのでメモ代わりにここに書いておこうと思います。同じことを試す際は自分の環境に合わせて読み替えて下さい。あくまで自己責任でお願いしますね。もしこれ読んでも分からないとかだったら絶対やめたほうがいいです。

 必要なもの・用意しておくこと

・Windows環境と7-ZIPまたはWinRARとかそれっぽいもの。タダだし7-ZIP使ってます
・XOOMをPCに接続できるケーブル
・モトローラの機器向けドライバをインストールしておく。
・fastboot、というか要はAndroid SDKが使えるように適当に環境を構築しておく。
・最低8GBほどの容量のあるmicroSDカードをXOOM本体に挿入しておく。
・バックアップできるデータをバックアップし、徹底的にいらないデータを削除しておく。 Stock ROMの状態ではあまりバックアップできるものはないはず。
・ブートローダーをアンロックしておく。この際全データが消え工場出荷時の状態に戻ります。
ClockworkMod Recovery(CWM) "Motorola XOOM (Wi-Fi only)"向け最新版 touchかどうかはお好みで。事前に上記fastbootでflashしておく。Stock ROMだと再起動させるたびにリカバリーを半強制的にStockのものに戻そうとするため、そうならないよう再起動時に選択しておく。
・現存の環境を「外部SD(external sdcard)」にバックアップしておく。必ず1回は失敗すると思うから。
CM10.1 "wingray"向け最新版 (2013/09/09現在、Android4.2.2です)
gapps 最新のAndroid4.2.2向け (2013/09/09現在、最新版は20130812)
・自分が使いたい日本語フォント。wingrayのCM10.1にはなぜかAndroid標準の日本語フォントであるモトヤマルベリが入っていないため、リンクから入手するか自分の使いたいフォント(Miguとか?)を用意し、ファイル名を「MTLmr3m.ttf」に変更しておく。


準備が整ったらやること

1,CM10.1のZIPを7-ZIPなどで開き、/system以下のファイルの中から不要なものを消し、フォントを入れる。

 上にも書いたとおり、/system領域がクッソ足りないため、いらないアプリやファイルを消します。

 僕は/system/app/からApollo、CMアップデータ、CMファイルマネージャ、CM壁紙、ビデオエディタ、電話アプリを削除し、/system/media/audio以下にあるいらない着信音やいらないシステムサウンド、いらないアラーム、カメラのシャッター音などを削除しました。

 特にCM壁紙やApolloなどは非常に重いため是非消した方がいいです。なんでこんなもの入れたんだ。

 自分でいらないと思うもの(おすすめは上記の通り)を消すのですが、誤って必要なファイルなどを消さないように注意して下さい。また、消すものが逆に少なすぎると諸々のファイルが完全にインストールされず、不具合を後々から引き起こしまくってしまうため注意が必要です。

 全て終わったら/system/fontsに上で用意した「MTLmr3m.ttf」を突っ込んでおきます。

2,gappsからもいらないなと思うものを7-ZIPなどで抜いておく

 僕は/system/app/からGoogle+を消しました。

3,こうした処理を済ませたzipファイルをXOOMの外部SDに入れておく

4,CWMで端末をフルワイプ、その後上2つのzipをインストール。CMの古いNightlyからのアップデートとかなら問題ないかも。CM10.1→gappsの順に2つ必ず続けてインストールして下さい。

5,再起動してバックアップから復元したりアカウントを設定できたら終了。

以上です。あとはアプリを入れたりして快適なXOOMライフをお楽しみ下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿