2017年6月24日土曜日

初回出荷版GPD Pocketにて頻繁に確認されている不具合2つと対処法

(私が受け取った、7/10以降に出荷されているIGG出資者向け、いわゆる"改善版"とも呼ばれるものではホールセンサーおよびバッテリー端子に関する不具合は確認できませんでした。ひとまずご安心ください。)

1. 起動しない、そしてバッテリーの充電が始まらない

2.画面を閉じてもスリープモードに移行しない、または画面を閉じている途中にスリープに移行するも、閉じきったところでスリープから復帰してしまう

2.については主にはセンサー不具合のためただちに対応を行うとのことです。
GPDの担当者Kendy Zhu氏 (kendyz @ gpd.hk) まで連絡を取り、対応を協議してください。
交換用センサー部品が送られてくるようです。交換方法はGPDが下記公式動画で解説しています。




1.についてはバッテリー端子部の接触不良であるとのことで、こちらも自力対処法をGPDが指南しています。
起動しない、充電されない以外にも「本体を振ったら電源が切れる/再起動する」という場合についても、これで対処可能な場合があるそうです。

以下はその1.の自力対処指南PDFの和訳です。
不具合の発生を確認する前に、届いたらまずこれをやっておいたほうがいいくらい頻発しているようです。
(日本の佐川急便が配達した個体でも発生しており、GPD側が主張する「配送業者が荷物を雑に扱ったため」というよりは製造過程においての押し込みミスか、設計仕様上の問題?)

1.以外の不具合について、対処が自分では難しいと判断したらすぐにGPDへ連絡して対応を協議してください。特にキーボードの反応が良くないなどは初期不良として対応してもらえるようです。
(イヤホンジャックの接触が良くない点はまだ詳細なアナウンス無しです。)



出典:poket 电池松了 如何操作.pdf(MEGA)

Pocketが起動しない・充電されないといった場合、バッテリーとメインボードの接続が悪くなっていることが原因であると見られます。
バックカバーを取り外して、中のバッテリー端子の接続状況をご確認ください。

1.精密ドライバーでバックカバーを固定するネジを外し、バックカバーを取り外す。


2.赤丸で囲まれている部分にある黒い上の端子を外す。



3.外した上の端子の下にある接続部に端子を押し込み再度しっかり接続させる。


4.バックカバーを取り付け、ネジで元通りに留める。

------------------------------------
書いてて思ったんだが、通常使用でも外れそうな気がしてきた。
執筆時点ではまだ届いてないけど。→しばらく届かなさそう。
------------------------------------
2017/06/29 追記

昨日時点でGPDが出荷を止めて、これらを含めた不具合対応にあたっているそうです。
また、上記2.の不具合については、返送の上修理か、代替部品の送付になるようです。
代替部品って簡単に交換できるんだろうか。

2.の不具合発生時、ホール素子センサーのカバー開帳時の反応と、マウスによるスリープ復帰をいっそ止めることで対処している方もいるようです。
根本的に対処できればそれに越したことはないんですが、GPDがあんだけてんやわんやではすぐの対処は期待出来なさそうです。

2.について、上記の不具合要因以外にはトラックポイントが画面に当たってしまい、マウスによるスリープ復帰で起動してしまうこともあるようです。



↑また、ホール素子センサーはキーボード右上の電源ボタン付近に内蔵されており、スリープ時に磁石を近づけるとスリープから復帰してしまうようです。主たる不具合の原因はこの磁石に関連したものではないかともされています。

もうデフォでホール素子の反応止めるわ!すまんな!とかならないといいけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿